30歳社畜4年目の自己実現

文系の大学院を卒業してIT業界に入りました。それで最近会社辞めたのでブログも移転しました。就活、IT、ダイエット、読書などいろいろなことを呟きます

ベストドレッサー賞に行きました

12月に入ってクリスマス近いのに彼氏彼女いない皆さんこんばんはお元気してましたか。 最近忙しくなってあまり更新してませんがそろそろ就活シーズンですね。 今年の就活は12月からということで羨ましい限りです。 まあ僕は10月からだったのに始めたのは4月でしたが。 さて話が変わるんですが実は僕ちょっと前に行われたベストドレッサー賞に行ってたんですよね。 それで自慢したくて久しぶりにブログ立ち上げました。 何しろナマ堀北真希を実際に見れたのでそれだけで行ったかいがあったというか。 何故ベストドレッサー賞に行ったのかというと僕がジーパンのロールアップに気を遣うオシャレさん というのもありますが、一番の原因は教授に論文の面談に行ったら全く論文の内容に触れられず ベストドレッサー賞の招待券をもらったから行かない?」 と言われたのが主な原因ですが。 さてそもそもベストドレッサー賞って毎年行われてるけど何なの?って人多いので少し調べてみました。 ベストドレッサー賞(-しょう)とは、ファッション意識の向上や産業活性化、文化交流などを目的として1972年に社団法人日本メンズファッション協会によって設立された賞。 生みの親は石津謙介で、毎年12月に政治・経済、学術・文化、スポーツ・芸能などの各界から選出が行なわれる。 ウィキペディア参照 ん~なるほどよく分からん。 いやファッションに関係のある賞というのは分かるのですが、そんなにおしゃれに関心のある人いるのかしらという疑問がありますし毎年何の基準で選ばれるかさっぱり分かりませんし、どういう層をターゲットにしてるのかも未だによくわかりません。選ばれたのも政治部門は安倍首相というのもよくわからなかった。 なのでこれは置いておきましょう。 僕が行った場所ですが渋谷のセルリアンタワーで授賞式がありました。 このセルリアンタワーは僕が就職活動をしに行った時に訪れた思い出の場所。 見事にお祈りメールをもらいましたが懐かしさとか殺意とか感じます。 それでホテルのどこかなと思ったら地下に。 IMG_0067.JPG ご丁寧に矢印の入った看板までありました。 そして地下に降りるとよくわからない物産展が開かれていました。 来るそうはやはりファッションに興味のあるブルジョア層が多いから何か売りつけようとしてるのでしょうか。僕は試食のパンケーキをひたすら食べてました。 IMG_0068.JPG そして中に入るとホールがあり人がすごいいました。皆さん僕みたいに論文の相談に行ったらなぜか招待券をもらったみたいに付き合いできたのか堀北真希がいるからわざわざチケットを買ったのかわかりませんが すごい人だかりでした。 IMG_0069.JPG ちなみにここまでチケットを出さないでノーパスで通過警護体制とか大丈夫なのかと思いましたが、割と前面にまで行けました。 分かりやすいように第42回ベストドレッサー賞と書かれています。 パワーポイントの出来とか就活の説明会みたいな新入社員に無理やり作らさせたようななんかチープな感じしますがこういうものなんでしょうか。 IMG_0071.JPG さて随分待たされてようやく始まったと思ったらまさかの写真撮影禁止。 せっかくナマ堀北真希と滝川クリトリスクリステルがいるのに撮れないとか それに動揺を隠せませんでしたが、せめて元は取ろうと頑張って話を聞こうとしたら 渋谷区長だの代表何とかの挨拶だのベストドレッサー賞と全く関係のないおっさん達のスピーチを聞く羽目になり途中で飽きて帰ろうかなと思った時にようやくベストドレッサー賞が始まりました。 ベストドレッサー賞に選ばれたのは 今年は政界から安倍晋三内閣総理大臣(この日は国会会期中のため、昭恵夫人が出席)をはじめ、経済部門からアメリカンホーム保険会社社長兼CEOの橋谷有造さん、小説家・放送作家百田尚樹さん、芸能部門からは夏木マリさん、堀北真希さん、綾野剛さん、前衛芸術家の草間彌生さん、特別賞として滝川クリステル ソース元モータースポーツ総合サイトでした。 安倍首相が来るのかと思ったけど徳洲会の問題(安倍内閣、6閣僚に徳洲会マネーパー券 徳田議員資金管理団体が購入石破氏などにもしんぶん赤旗参照 とかあるのに大丈夫かいなと思ったらやはり休んでいました。 あとは島耕作みたいな人だの何故かゼブラのコスプレをしていた夏木マリインタビューシーンで髪型しか触れられなかった百田尚樹 そしてインタビューシーンでほかの人は自分はいかに普段ファッションとは無縁なのにこういう賞をもらえて光栄だしか言ってなかったのに一人だけ、地球平和。人類のために命をかけて戦うと晩年の森光子を彷彿とさせた草間彌生 004193_04.jpg などハプニングが色々ありましたが。無事堀北真希を遠くからとは言え眺めることができました。 ちなみに堀北真希俺の嫁確か25歳ですがものすごく小さくて細くて未だに少女の面影が 残っており、アイドルってのはすごいなと素直に感心しました。 あと滝川クリステルも思ったより背が低く(160前後?)これも僕にとっては予想外でした。 滝川クリステルはあちこちでおもてなしやれと言われるのが辛いみたいなことを言っており、一発ギャグ芸人みたいな扱いを受けていたのが少しツボにはまりました。 一応写真禁止で撮ったら退場とのことですが無理して撮ったところ肝心の堀北真希が映らなかったという 残念な結果に IMG_0074.JPG 堀北真希ちゃんが小さくてこの中で一番背が低いため隣のハゲ頭の百田尚樹しか目立たず、少しブルーになりましたが、ベストドレッサー賞を見ておしゃれ気分が高まったため帰りに美容院に行くことに。 行った美容院で何気なく「僕の髪ヤバくないですか?」と聞いたら「結構やばいっすね」と返されてショックを受けましたが頑張りたいです。 さて就活シーズンということなので今度は去年僕がした就活についてでも話したいと思います。 ちなみに今のところ論文は1万時かけましたが、データが今のところ0で無事卒業できるか危ない状況です。 それではまた
広告を非表示にする